PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

事務所にて

ち「プロデューサー!ちょっときてくださいっ!」

俺「ん?なにをそんなにいきり立って」

ち「いいから、ちょっときてください!」









ち「先日、音無さんからインターネットについて教えてもらったんです」

俺「ほぅ。それで?」

ち「ホームページやブログというのを見ました」

俺「世の中には色々あるだろ?千早も歌以外に興味を持つようになったのかー良い事だ」

ち「いいえ、歌や音楽について調べようと思って。そこで音無さんからプロデューサーのブログがあるって事も教えてもらいまして」

俺「な、なぬぅぅ!音無さん、俺のブログ見ていたのか・・・くっ」

ち「そんな成り行きなんてどうでもいいのです」

俺「ど、どうした?」

ち「そのブログに書いてあったのですが、先日、プロデューサーは大きな祭に参加されましたよね?」

俺「あぁ。MSCってやつだな。参加したぞ?」

ち「なにやらおかしな展開の作品を発表されていましたよね?」

俺「そうだな。悲しい事に一般向けではないというもっぱらの評判だ」

ち「そのお祭は、プロデューサーにとって大切な事柄だったのでしょうか」

俺「そりゃそうだな。俺の中では大切なイベントだったよ」

ち「そうですか。。。 まずはお疲れ様でした」

俺「ん、ありがとう」

ち「ところで・・・・」




猛烈に嫌な予感がする・・・・・・・




ち「どうしてそんな大切な事柄に私をプロデュースしてくれなかったんですか?」

俺「あ、いや、あの・・・それは・・・」

ち「どうして春香とやよ・・・、高槻さんだけだったのですか?」

俺「ちょ、、えっと・・・」

ち「それだけならともかく・・・どうして歌の部分まで高槻さんなんですか。せめて歌う事は私に・・・」

俺「それは物語上やむを得ないところだろ・・」

ち「それに、あの包丁はなんなんですか!しかもあろう事かプロデューサーのブログに・・・」



>俺の春香への愛を世に知らしめるため



ち「とは、なんですか!? もうプロデューサーの事なんて知りませン!」」

俺「ま、待ってくれ千早ァ。色々とあるんだ」

ち「・ ・ ・ ・ ・言い訳なんて聞きたくありません。私の事なんてどうでもいいのですよね」

俺「いや違うんだ。ちょっと考えてみてくれ。千早は料理したことあるか?芋を掘ったことあるか?」

ち「し・・・しません・・・」

俺「POPでCUTEな歌を歌うか?」

ち「どちらかと言えば、もう少し落ち着いた感じの曲が好きかもしれません・・・・」

俺「だろ?だから今回は千早にはお願いしなかったんだよ。向き・不向きがあるだろうと思ってな」

ち「そうだったんですか、『適性』は誰にもありますから今回は仕方ない事とします。でもブログのあの一文はなんなんですか」

俺「あぁ、もっと簡単な事さ。」

ち「簡単ですって?『愛』まで語っておいて簡単とは無いんじゃないですか」

俺「いや、簡単だ。 いいか千早、」

ち「はい」

俺「俺はな、765プロのアイドルが大好きだ。 好きで好きでたまらない」

ち「そうですね、仕事をする上でも大切な事ですよね」

俺「でもな・ ・ ・」

ち「でも?!」

俺「『誰かだけ』を好きなわけじゃないんだ。つまりみんな同じように大好きで、愛してる。大切にしていきたいし輝かせたい」

ち「・ ・ ・ ・ ・ ・」

俺「多分、ほかの多くのPも同じ気持ちだと思う」

ち「そうですか・・・」

俺「ただ、そんな俺でも人の子だ。どうしても思い入れの深い子がいる。P業としては本来イケナイ事なのかもしれないが、例えば自分の初プロデュースの子であったり、53週の積み重ねで深く絆が結ばれた子であったり色々だ」

ち「はい・・・」

俺「俺にとって思い入れが深く、特に大切にしていきたいと思っているアイドルはもちろん千早。」

ち「・ ・ ・ ・ ・」

俺「でも、だからと言って他のアイドルをないがしろにはしない。同じように愛して行きたい。今回はその愛の一つとして春香への愛を示したんだ」

ち「そういう事だったんですか」

俺「まだまだ他のアイドルへの愛を「俺なり」ではあるけれど、これからも示していきたい。時間はかかるだろうけど」

ち「わかりました。 私てっきり・ ・ ・」

俺「ははっ 心配するなよ。 いつも俺は千早の事を誰よりも深く愛おしく見守ってる」



ち「・ ・ ・ ・ ありがとうございます」



俺「心配かけてごめんな」

ち「いいえ、急に寂しく感じちゃったものですから・・・私こそすいませんでした。取り乱していたようで。」



俺「これからもよろしくな、千早」

ち「私こそよろしくお願いしますね、プロデューサー」


------


ち「ところで、プロデューサーのP誕生日、もうすぐですね」

俺「そ、そうだな」

ち「もちろん何か考えているのですよね?」

俺「考えて・・・いる・・ と、思う」

ち「 ?? どうしたのですか・・・」

俺「いや、なんでもない。 なんせ考えてはいる」

ち「楽しみですね、私達二人の誕生日でもあるのですから」

俺「くっ・・・・」

ち「プロデューサー? 何かさっきから様子がおかしいですよ?」

俺「実はその事なn


<<以降のコメントはのっぴきならないオトナの事情により削除されました>>

| 雑記 兼 備忘録 | 00:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

スルーするのも愛かなと

>>俺の春香への愛を世に知らしめるため

 この一言に触れないためにあえてコメントしなかったのだが…自分で突っ込んでしまいましたね(^^;)。

 本当は、やよいのメイド服云々みたいなことは、知っててあえてボケる、なし崩し型のオチが良いと思う、みたいなレスをしたかったんですけど。

 それはともかく。これからは雪歩の目立つ季節ですが、如月は一年で一番寒い頃ですので、冬全般がちーちゃんに似合う時期と言っても良いでしょう。良い季節ですが、北海道的にはそんな話では済まないのかも知れませんので、健康は大事にされますように。徳島は冬でも暖かいです。ではでは。

| zeit | 2008/12/12 00:23 | URL | ≫ EDIT

>zeitさん

今もシンシンと雪が降り積もっています。
ふと窓から遠くの景色を眺めると非常にポエトリーな雰囲気ではあるのですが、翻って足元を見ると「あぁ、雪ハネしなくちゃネ」と現実に引き戻されるのです。

いやー、それにしてもこの「事務所にて」シリーズが大変ヤヴァイ展開となっているのです(俺の脳内で)。
とりあえず、
>春香への愛を知らしめる
については、平等愛を振りかざして逃げた(滝汗 のですけれども。。。
どんだけ時間を費やしてテキスト打っても、行き着く先がかなりネガってるのですーTTTTT 参った。非常に参った。

そんな感じなので、ブログネタは置いておいたとして、とりあえず俺のP誕生日には何事もなかったかのようにうpします↓↓↓
平等愛を振りかざしたPが嫁を持つという事がこんなに大変なことだったとは。

それにつけても・・・今週末は祭が続きますね。そんな最中にうpすることになるだなんて・・・ツイてないというか、そこが俺には似合ってるというか。

| ふらう | 2008/12/12 00:47 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fraup.blog34.fc2.com/tb.php/368-45a41ed4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料アクセス解析