PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

俺の名を言ってみろ!

ダンプ



正解は収納部分に。


正解:ママさんダンプ

この名称は新潟県の金澤樹脂工業(現在、ニラサワ製販が事業を引き継いでいる)が、プラスチック製の商品に使用する登録商標である。開発当時、新潟県では男性が冬季に出稼ぎで不在なことが多く、除雪は女性の仕事だった。そのような女性の労力を軽減するために、軽量素材を使用し、女性の体格に合う柄の長さにするなど、女性が使いやすい商品として開発を行った。「ママでもダンプカーのように雪が運べる」ことにちなんで、この名称が付けられた。
wikipediaより引用

------

今日は雪よく降るなぁ。
もう、3回も雪かきしちゃったよ。


*良くある風景
数十分から1時間近くかけて雪かきをする、
「ふーっ、良くがんばったぜ、俺」と思いながらすでに雪かきを終えた後ろを振り向くと
既に積もっている、そんな悲しい現実。

ちなみに、北海道の人の多くは雪を除去する動作を「雪かき」「雪はね」もしくは「雪なげ」といいます。
中でも「雪なげ」というは多分、北海道だけでしょう。
北海道の方言では「捨てる」動作の事を「なげる」といいます。 
なので、雪を捨てる=雪をなげる→雪なげ となるのです。

冬関連の方言でいえば、しばれるなども有名ですが、名詞では「デレキ」、動詞では「履く」というのも割と一般的です。
デレキとは、薪ストーブ内の木や小さい火をならす道具、「履く」というのは靴下や、靴の他「手袋」も履くといいます。

あと、方言ではありませんが、北海道、特に東部ではほとんどの人が「ヒグマ保険」というのに加入しています。対象が「ヒグマによる損害」のみなので負担額的にはたいしたことはありませんが、生涯にわたり加入すべきものなので、そこそこの負担になります。←これは嘘です。

ま、数え上げるとキリがないのでこの辺で。

ともかく北海道の冬なめんな、そんな感じで。

| 雑記 兼 備忘録 | 14:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fraup.blog34.fc2.com/tb.php/433-bca79fb0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料アクセス解析