PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

次へ進む前に考えておこう

前作の話から入るのもアレだけど、まぁ、次へ進む為には「その前」がなくちゃ「次に進む」って言葉自体が矛盾してきちゃう訳で。そこらへんどうぞよしなに。

前作では、歌詞の内容がそれほど明るい内容じゃなかったので表情選びに結構な時間を割いたのですよ。
元々にこやかに踊る彼女たちだから、そうじゃないシーンってそれほど多く無いし、ましてやそれをリズムに合わせて・・・なんて考えただけで、軽くめまいがしちゃう。
またそれとは逆に「切ない表情」だけで構成すると、なんていうか、暗い感じになっちゃうような気もして、所々には彼女達らしい笑顔も入れたいな、なんて悩んでいたりしてね。


収納なりけり


そんな訳で、俺なりの妥協とのつきあい方。

カットやシーンを選ぶ際、ご存じの通り(か、どうかは知らんけどw)、自分「UPカメラ」が大好きなので、UPカメラでひたすらにアイドル達を見続けるんですよ。それこそ何時間でもw
見続けること自体は取り立てて支障はないんだけど、それでもやっぱり同じ曲の同じシーンの異なるアングルを何回も何回もみているとやっぱりそれなりに食傷気味になってしまい、緊張感が薄れ、妥協が生まれてしまうんですよ。
妥協が悪い、って訳じゃないす。先へ進むためにはむしろ必要だと思う。 じゃぁ何が良くないかっていうと、出来上がってから後悔することですよ、うん。
「うわぁ・・・やっぱ右アングルじゃなくて左のほうが見栄えするじゃね・・・?」なんて感じで。
今回も何点かあったの。もちろん内緒だけど。
(成果品で泳ぐニコマス海で、すでに沈没してしまったものについて、あーだこーだ言っても、ねぇw)

後から後悔しちゃうのは誰でも嫌。でも妥協は必要。後悔しない為には妥協は悪。でも先へ進むためには妥協は良心
だからそのバランス取りのために、俺は帳尻合わせの自己満足を自分にプレゼントしてやるの。
ダンスは、アングルだけじゃなくて、表情そのものや、手振りなどの仕草も含め合わせた上で選んでいくわけなんだけど、どこのシーンでもいいから、「ぬおぉ!コレはイケる!絶対イケる!ここで立たなきゃ男がすたるっ 据え膳食わぬは男の恥!」っていうシーンをプレゼントするの→俺にw
ちょっと表現が大げさだけど、「この歌でこれ以上のシーン(カット)作りは絶対に無理!」ってところまで高めてやるの。

・ ・ ・そして最後に自己暗示
 「このMADは俺にしか作れない 俺にしか作れないMADで、俺にしか作れないシーン作りをし、そのシーンで歌う俺の事務所のアイドル達は最高に輝いてるんだぁぁぁぁぁぁ!!!」とww

この自己暗示が意外と大切。

もうこうなると妄想モード爆進しちゃう。
アイドル達は目を輝かせて俺の演出に酔ってるし
そのMADを見た人はみな「うぉぉぉぉ!」ってコメントしてる。
えぇ、もちろん後になって空しいんだけど、それは後の話。
すくなくとも妄想中は俺ワールドなのでww

あぁ、話がそれた。

そうやって、妥協をしなくちゃならない分、気合いを入れる部分には十分な時間と心とMPを割いてやって、妥協⇔先へ進む の帳尻を合わせてやる、と。
もちろんそれでも後悔が無くなるわけじゃないんだけど、力を入れた部分が、そういう妥協をしなくちゃならなかった弱い自分の心の支えになるのも間違いないの。

俺の場合、無印アイドル達と同じように次のプロデュースの時には前のプロデュースの時の課題(妥協)をあまり覚えていないから、「妥協を次の課題として」っていう考え方はあまり出来なくて、どちらかと言うと、違うベクトルにも力を加えてみようって方だからこそこういう風に考えちゃうのかもしれないけどね。

もちろん妥協せず、全てを自分の満足の行くとおりに作り上げられれば、それに越したことは無いのは分かってるんだけどさ。
でも、実際にはなかなか出来ないんだよね。
どこかは妥協しちゃうんだよね。 ちかたないね。

だからこそ上手く妥協と付き合っていかなくちゃって思うんだ。
次の良いプロデュースの為に、ねっ!

| 雑記 兼 備忘録 | 17:02 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

新作の削除は残念でしたが、まぁ、消されるかもなぁとはおもってました(爆)

妥協・・・・うん、沢山しますw
私の場合は、妥協した分をほかで埋め合わせるようにしてますね。
ふらうPの『帳尻合わせの自己満足を自分にプレゼント』に近い感じかな。
あまりにも自分に出来ない演出を思いついてしまったとき、何度か挑戦して諦めざるをえないときってすごく悔しいんですよ。
んで、そのかわりに、自分に出来るレベルの『自分の好みの演出』に差し替えるんです。
あと、それだけでは満たされないので、出来上がっている部分のクオリティーアップを目指したり。

妥協してそのままじゃ、後味悪いですもんねw
ハードルを徐々に高くして妥協するレベルを少しずつあげたいとは思ってるんですけどね。

| うてにゃん | 2009/09/03 10:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fraup.blog34.fc2.com/tb.php/567-6532e832

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料アクセス解析