PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

じん、じん、じんぎすかーん

どぅーどぅーどぅー だぁーだぁーだぁー(鼻歌

さてちょっくらリアルにお休み頂きまして、日常のしがらみから束の間の開放されてまいりました。
で、なにをしたかといいますと、ジンギスカン食ってきましたw

札幌の「だるま」ってとこです。すげーうまかったです。柔らかくてタレも絶妙で。





まぁ、そんな話はさておき、動画が既に出来てるんですけど、なぜか編集画面を開くとチビチビと直すところが見つかる始末でございましてね。 まーたぶん誰も気づかないような細かいところなんでしょうけど。

で、ぶっちゃけ、そんなん粗探ししてても、キリがないって感じなので、明日28日の晩にでも上げたいなと思っておりまうす。 もしどこかで見かけたらサムネをクリックしてやってください。



んでんで、前後しますけどだるまの話。

僕が行ったのは 札幌 成吉思汗 だるま 4.4店 ってとこ。

http://best.miru-kuru.com/daruma/

概要は上記URL先のHPに任せるとして。

初見の店で一番戸惑うであろう、ローカルルール的な何かについて。
まー、かくいう僕も初めて行ったので、偉そうには言えないんですけどね。

まずお店。 小さいです。すごく小さいです。カウンター席しか無くて15人くらい?しか座れません。
僕も待ちました。んで店内は今時の無煙ロースターとかではなく普通の七輪なので煙とか匂いとかがすごいです。一応排煙設備はあるんですけど、申し訳程度。
なので、洋服を仕舞う用のロッカーがカウンターの後ろに用意されてます。並んでる間にでも空いてるえもんかけを見つけてサクッとかけてしまっておきまっしょい。

ややしばらく待って、自分の座れる番になると中のおばちゃんが「こちらどうぞ~」って促してくれます。指示された席にすわると、すでにジンギスカン用の鍋(肉を焼く鍋)がセットされていて、何も言わなくても(←ここ大事)、おばちゃんの手によりザクっと野菜が盛られて続けて脂の塊を鍋の真ん中にちょこんと置かれます。さらにそのすぐあとに小皿に乗った肉とタレが出されます。ここまでがオートメーション。
引き続き、タレに入れる薬味の説明と、必要な飲み物が聞かれます。必要な分を注文して(僕はご飯とキムチと烏龍茶を注文しました)しばらく待ちます。

すると、肉の焼くタイミングをおばちゃんが「もう焼けますから、どうぞ~」って言ってくれます。
んで肉を焼くのですけども、この際ちょっとだけ注意して星井のは最初に載せた脂の塊を使って鍋に油をまわそうとしないこと。そーっとしておいたほうがいいです。鍋の形状から油は自然に全体に行き渡るようになっていて、油を回す必要がないんです。僕の時も、おばちゃんがきっちり見ていてくれて、脂の塊が焦げてくるとおばちゃんがヒックリ返してくれて、さらに小さくなると勝手に取り替えてくれました。

あとは好き放題肉を食いやがってください。ちなみに肉のメニューは「ジンギスカン」のみです。
肉のおかわりは「肉、一人前お願いっ」っていうより「肉、一枚お願いっ」って言ったほうがいいです。二人以上で行くと「それぞれ一人前ですか?」って聞かれるかもしれません。(隣の人が聞かれてた)
肉の焼き加減については好みがあると思うので割愛。多少赤くても食えます。
タレについては、最終最後「お茶」で割って飲めるみたいです(隣の人が「お茶ちょうだい」って頼んでタレを割って飲んでました)。僕はタレを飲むのに抵抗があったので頼んでませんけど。

とまぁダラダラと書いてしまいましたけど、そんな構えていくような店ではないですw 言ってもただのジンギスカン屋ですから。ただちょっと違うのはメニューが極端に少なくておいしい、って事くらいかしらね。

結局、僕はご飯を2杯、お肉2枚半、キムチ1皿を食べて、かなりお腹一杯になりました。

めでたしめでたし。

| 雑記 兼 備忘録 | 12:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fraup.blog34.fc2.com/tb.php/850-a85df6d9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料アクセス解析