PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マスク掛けについての


そんな難しい話ではないんだけど、僕はこうしてますヨー(フェィフェィ風)って感じの紹介。


人によっては「俺(私)、マスクなんてかけないもんね!」って方もいるかもしれないので、万人向けってわけではないかもしれません。

「あーなるほどねー」程度で納めておいていただけると幸い。

写真ペタペタなので収納↓↓



時節柄、必要になることが多いマスク。
感染(吸引)予防、拡散予防、鼻水が垂れたのを隠す為、と色々な理由でマスクをかけるんですが、いずれの場合も「割と長時間」かける事が多いと思われます。
ちょっとそこまで5分くらい、って事はなかなか少ないと思います。

そんな長時間マスクを掛けている中、気になる事の一つとしては「ゴムがかかる耳の裏側の違和感」だと思うのです。
実際僕がそうなのですが、風邪をひいて鼻水がダラダラ流れ出る状況だと、鼻をかむために幾度と無くかけているマスクを外すのですね。で、それも繰り返しになると外すのが「おっくぅ」になり、マスク部分だけを顎へずらして鼻をかむようになるんです。
これを繰り返していると、耳の裏にかかってるゴムひも部分が軽くこすれてすごく違和感を感じるようになるんです。
また、鼻水だけではなく電話の応答等が必要な場合にも、いちいち外すのがおっくぅでついついマスクをずらしてかけてしまい、結果、耳の裏側に違和感を覚えてしまいます。

あまりにも繰り返していると、耳の裏が擦れすぎて痛みを感じるほどになってしまいます。
そこで考えたのが、脱脂綿保護法(仮名:名称募集中)です。文章で説明するよりも写真なら一発でわかると思いますのでご覧ください。


普通のマスク

マスク


これに脱脂綿と不織布っぽい布テープを使って(脱脂綿は2つに割きます)

脱脂綿・テープ


耳ゴムに巻いて留めます

2012022710160000.jpg


こうすると、耳の裏へのあたりがすごくマイルディになって長時間のマスク掛けもあまり苦になりません。
作業時間も数分です。簡単かつ効果的なので是非やってみてください。

そんな感じー。

| 雑記 兼 備忘録 | 10:50 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そっちのマスクだったか…

| かわしゃん | 2012/02/27 11:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fraup.blog34.fc2.com/tb.php/876-b3c58b31

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料アクセス解析