PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[合作]の追記


せっかく追記するなら動画では言えなかった事を、と思うのですが、ホント自分の頭ン中でもまとまらないので、思っていた事を一つだけ。

今後もし、このブログや普段やってる生放送、ツイッター、メール等で質問やコメント等あれば都度お答えしていきたいと思いますので、どうぞご容赦の程を。

読みづらいと思いますが、お暇な方は収納部分からどうぞ。↓



今回の動画で伝えたかったことを一つだけ。

なんか説教じみてて動画内ではあからさまには(それでも結構イヤらしく伝えてますけど)言えなかったのですが、食べ物は全て生き物で、食べる、という事は須らく「命を頂く」ということであり、でもそれは悲しくネガティブな事では決してなく、次の命を育む大切な事である、という事です。
食べる前に「いただきます」と手を合わせて祈るのは、躾としての様式美ではなく、感謝の気持ちの表現である。という事です。

これは、今回の動画を作る前からオチとして決めていました。
野菜づくりの手間/手順云々は正直それほど大切ではありません。もちろんニコマス界の女子小学生なら(その苦労や労力は)半ば常識のように理解していることでもあるでしょうしね。
実際に自分で食べるものを毎年自分で作るという事をしている人がいったいどれほどいるでしょうか。
たぶん、ほんの一握りだと思います。でも、それでいいんです。全然構わないと思います。みんな自分で作り始めたらスーパーの野菜が売れなくなってしまいますから。
「自分で野菜作って食え!」なんて言う気は全くありません。また、料理にかかる手間を「人が食べ物を口に入れる為の崇高な行為である」なーんて言う気もさらっさらありません。
好きな人だけ好きなようにやればいいんです、そんなもん。
必要な人はそれを求めればいいし、必要でも為せない人は代価を以って為せばいい。

でも。

「食べる」という事は誰も避けられないんです。
だから、ほんのちょっっぴりでもいいから「食べる」という事に喜びを感じてほしかったし、ひいては食べる事ができる(肉体的にも精神的にも健康である)事についても喜びを感じて欲しかったかなーって。


大仰な理由の割にはしょぼい動画かもしれませんけどね、でも僕はそのつもりで今回の動画をつくりました。



そんな感じー。

| 雑記 兼 備忘録 | 14:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fraup.blog34.fc2.com/tb.php/898-f53c0461

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料アクセス解析