PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雑記

最近めっきりアイマス成分がないね。

と、言うわけでマンマ・ミーアを観劇して参りました。

(札幌四季劇場)
P1000190.jpg

レビューとか無いです。ちょっとそういうの無理です。
観客の9割が女性でした。残りの1割がおっさん。
こういうミュージカルこそ、もっとおっさんに見て貰いたいんだけどねェ
最後1シーンだけ、一人で見に行ってるとちょっときっつい(一緒に踊る?シーンがある)けど、まぁその場のノリってのもあるしどうにかなるでしょう。

ライオンキングにはなぜか全然食指が動かなくて、ロングランやってたのに結局一度も見にいってなかったので、久しぶりの四季充、堪能してまいりました。

<<全然関係ないけど前列のススメ>>
人によっては「全体が見えないから」といって、観劇の際に前の方を選択しない人もいますけども。
やっぱり僕としてはなるべく前でみてもらいたいかなーって。
そこで役者さんが演じている臨場感がビシビシ伝わってきて、こっちまでその世界に引き込まれてしまうです。

僕的前の方がいい点。
・足音が聞こえる
・床の踏み込み振動が伝わる
・表情がよく見える
・汗が見える
・背中にかいてる汗までみえる
・役者さんと目が逢う(勘違いかも?)
・役者さんと何度も目が逢う(かなり勘違いかも?)
・声が聞こえる←通常はアンプを通しての声だけど、前列だと生声がはっきりと聞けます

などなど。
特にこのマンマミーアではソフィがステージに腰掛けるシーンがあって、そうなると役者さんと自分の距離は数十センチ、手を伸ばせば届いちゃうくらい近くにきたりします。


うーん、久しぶりに四季充したら他の四季ミュージカルも見たくなってきた・・・。
いいなぁ、ミュージカルいいなぁ。
ファントム、今年一杯東京でやってるんだよなー。


札幌四季劇場近くの道路
P1000188.jpg

札幌四季劇場近くのテレビ塔
P1000187.jpg


*気にしないようにしてるけど気になった点
 ・1ヶ所セリフが抜けた
 ・舞台途中でソフィの顔(左頬)に大きめのアザが付いた(どこかにぶつけた?)

*どうでもいいつぶやき
 ・岡本さんのソフィはすごくよかった。感情移入とその表現が半端無い。演じてるっていうより、ソフィが降りてきているように思えた。歌も彼女の場合演じながら歌う、ではなく気持ちが声になって出てくる、って感じ。無理が無い。自然なのですごく聞きやすい。
 
 ・ドナ役の樋口さん、ソフィに語りかけるセリフの一つ一つがとても優しい。どのシーンでも感涙ものです。メリハリの利いた歌声、指先まで神経の行き届いた演技、きびすを返す、グラスを置く、すべての細かい仕草が本当に絵になります。ちなみに樋口さんは日本初演時のソフィ役だそうで。どうりでソフィに語り掛ける言葉に気持ちがこもっていたはず。ちなみにちなみにソフィ役の人が年を経てドナ役をやるっていうのは世界で彼女一人らしいです。


 ・なぜかターニャ=前田美波里 で想像してしまう僕は…。ミュージカルは初見のはずなのに…。
 いぜん何かのテレビ番組で歌っていたときの印象なんだな(今回は八重沢真美さんが演じています)と、思っていたら・・・・・発見しました!これですこれの印象でした。


2004年のミュージックフェアって番組らしいです。


ニコではあんまりいい動画が見つからなくてすまぬ。配役が今回とは違います



続きは全然別の雑記


季節ですからねー。もらっちゃいました。アキアジ

使用前
P1000184.jpg


使用後
P1000185.jpg


痛タク

P1000192.jpg


こがし醤油らーめん(北一)

P1000193.jpg



たまたま入った居酒屋がリアルに「セイラー水着」が制服の居酒屋でびびった。
なんつーか、本物が目の前にあると目のやり場にこまります…。


飲みながら思ったよ、やっぱりこっちがいいって、ね。

4a76408b.jpg

| 雑記 兼 備忘録 | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fraup.blog34.fc2.com/tb.php/934-d5a11718

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料アクセス解析